スプリングの種類と特性

   
押しバネ(圧縮コイルバネ)

もっとも一般的なバネ。軽荷重用から重荷重用まで広く利用されている。
形状が単純でコンパクトであること、エネルギー吸収効力が高く摩擦が
ないことが特徴。材料径,コイル径,ピッチを変化させることによって
特性を与えることができる。

   
引きバネ(引張コイルバネ)

押しバネに次いで広く使用されているバネ。
両端部の形状はバネの一部を成形してフックを作るものや、別個の取付
金具を作成するものなど、その使用部位に合わせ様々な種類がある。

両端部の形状

   
ねじりバネ(トーションバネ)

日用品や家電製品などに多く使用されているバネ。
円筒コイルバネの端部に荷重を受ける腕を持っているのが特徴で、
クリップや洗濯バサミなどのようにねじりに対する力を利用して使用する。

ねじりバネの形状

   
板バネ

板材料を成形したバネ。
容積の小さい単純な形状のものや、曲げ加工等を施した複雑な形状の
ものまで、種類と形状は多種多様。

   
タケノコバネ

長方形断面の板を円錐状に巻いたバネ。
ストロークを大きくとることができるので、バネ自体が占める空間容積の
わりに大きな荷重を得ることができ、板間摩擦を振動の吸収に利用できる
などの利点を持っている。

   
皿バネ

中央に穴のある円板を円錐状に成形し、上下に荷重を加えて使用する
バネ。限られたスペースに巻きバネでは得られない大きな負荷容量を
有することができ、積み重ね方によって異なった特性値が得られる。
単一で高張力ボールト用、耐熱ボールト用の座金としても使用される。

   
ゼンマイバネ

回転することにより力を発生するバネ。
家庭ではおもちゃ等に多く使用されている。